はじめに

それまでまるで興味のなかった子供服が目に留まるようになったのは、スウェーデンに来てから。
北欧の子供服は、その絶妙な色合いや、大人顔負けのデザインなど、とにかくステキ!見ているだけでも楽しいんです。

「オーガニックコットンの子供服」に出会ったのは、息子が生まれてから。 デザインが気に入って買った服が、たまたまオーガニックコットンを使用していたというのがはじまりでした。 その後、肌の弱い娘が生まれてから、ますますオーガニックコットンを使用した子供服に興味を持つように。

これまで、「オーガニックコットン」と聞くと、無地でナチュラルな、どちらかというと地味系の服をイメージしていましたが、北欧のソレは、むしろデザインまでが素敵。生地のクオリティとデザイン、そして機能性まで持ち合わせたものがとても多いんです。近年、北欧の多くのブランドが、オーガニックコットンを使用する方向に向かっています。

オーガニックコットンを選ぶことは、着る人のためだけでなく、コットンを栽培する生産者の方々や、コットンを栽培する土壌、私たちの住む地球にもやさしくて、それはまわりまわってまた自分たちのところに戻ってくるという素敵なサークルに繋がります。
大切なお子さんに、やさしさのいっぱい詰まったオーガニックコットン、是非一度試してみていただきたいです。贈り物にもきっと喜んでいただけると思います。

普通のコットンと、オーガニックコットンの違いは?

普通のコットン(綿)は、綿花栽培と商品加工の過程で、かなりの量の化学肥料や農薬、漂白剤などの化学薬品が使用されています。
一方、「オーガニックコットン」と呼ばれるものは、遺伝子組み換えの種を使用せず、3年以上化学薬剤を使わない畑で、農薬や化学肥料を一切使用せずに栽培された綿花のこと。
そして、それをGOTS(Global Organic Texitile Standard/オーガニック・テキスタイル世界基準)などの、第三者機関が厳しい審査の上、認証している必要があります。
これらの条件をクリアした「オーガニックコットン」と呼ばれるものは、世界中の綿の生産量の僅か1%未満と言われています。

GOTS(Global Organic Textile Standard)オーガニック・テキスタイル世界基準について



GOTS(オーガニック・テキスタイル世界基準) は、代表的な国際基準策定機関によって、原料の収穫から環境に優しく社会的に責任のある製造を経て、消費者に信頼できる保証を与えるラベリングに到るまで、「繊維製品が正しくオーガニックである」という状況を確保する世界的なルールを定めるために開発されました。GOTSはすでに世界的な評価を得ています。(日本オーガニック・コットン協会HPより抜粋)

オーガニックコットンだと何がいいの?

消費者にとって
化学薬品を使用しないことで繊維の傷みが少なく肌触りのよい生地は、赤ちゃんや肌の弱いお子さまにやさしい。
生産者にとって
化学薬品を使わないことや、フェアトレードにより、過酷な環境下で働く農場の人々の健康や労働環境が守られる。
地球にとって:
農薬による土壌の汚染や微生物への被害がなくなり、農地の環境や生態系が守られる。

人にも地球にもやさしいオーガニックコットンで、もっともっと地球上に笑顔が増えますように☆

オーガニックコットンの北欧こども服

51商品

おすすめ順 価格順 新着順

51商品 1-48表示
51商品 1-48表示
送料無料

カテゴリーから探す

営業日カレンダー

2017年8月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
2017年9月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
※ピンク色(スウェーデン時間)が休業日となり、発送、メールへのお返事等がお休みとなります。

モバイルショップ

カテゴリーから探す